prince-001s.jpg

殿下、57歳という若さで、亡くなったのですね。合掌。

「エホバの証人」だったとは、初めて知りました。
殿下ぐらいの人間ならば、宗教なんか突きぬけていると
思っていたのですが、殿下がカルト宗教所属だったのは
ショックです。

才能ある人間が、宗教の教義に囚われ、宗教上の理由で
適切な治療を拒み逝ってしまうのは非常に残念です。


ところで、アメリカAmazonには、日本Amazonのように
坊主宅急便はあるのでしょうか?
坊主の需要はあるのでしょうか?

それはさておき・・・。

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

◯Apple

「ここではっきり言っておこう。私はゲイであることを誇りに思っている。
ゲイであることは、神が私に与えた最高の賜物の一つだと考えている」

「iPhone 7には、これなしでは生活できないと感じさせる革新的機能を搭載する」

by ティム・クックCEO

なるほど~。要約すると、今度のiPhoneは男色に力を入れており、
最高の賜物・男色の革新的機能が搭載されるということか!!
男色なしでは生活できないとは凄いな。
がんばれ!!クック( ゚∋゚)
信者どもが待ってるぜい。


ところでクック、クックの神はゲイなのかい?
よかったな。ゲイ信者どもが待ってるぜい。
さあ、ゲイ祭りだ。ワッショイ。(^ν^)

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

◯MicroSoft

MicroSoftからメールが来た。
多分、母の日メール。
「Outlook の受信トレイからお母さんと通話しましょう。詳しくはこちら」


防人の詩 by さだまさし改

おしえてください
この世に生きとし生けるものの
すべての生命(いのち)に 限りがあるのならば

母は死んでます 母は死んでます
祖母はどうですか 祖母もそうですか
死人とどうやって連絡するのですか
おしえてください


------------------------------------------------------------------------

そうか!!MicroSoftは今後、「霊界通信」の開発に
力を入れるのか。
それで死人と交信するんだな。
だから僕に、もう成仏している母親との通話を勧めてきたんだな。


すごいな。MicroSoft内には色々な電波が飛び交っているんだな。
霊と交信できるんだな。
近所の精神病院と同じ状態なんだ。
がんばれ!!MicroSoft。
でもその前に、みんなで病院いけ!!

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

◯まとめ

Appleはジョブズ亡き後、方向性がハッキリしないけど、
さすがはMicroSoft。「霊界通信」の開発にとりかかるとは
予想できなかった。

まあMicroSoftは優秀なエンジニアを大量にGoogleに
引きぬかれちゃったから、斜め下に行くのは、しょうがないな。

「iPhone 7」と「霊界通信」では「霊界通信」の方が
革新的だね。マジ、すばらしいよ。

今回は「霊界通信」でMicroSoftの反則勝ちだ。
でMicroSoft死ね。地獄で業火に焼かれろ。
Windows10への強制アップグレード、やめれ。アガ!!(´Д`)


------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

Prince - The Most Beautiful Girl In The World



新しい道徳

新しい道徳
著者:北野武
価格:1,080円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




スポンサーサイト

ヒロシマ・スピーチ

四面楚歌の朝鮮ハゲネズミとパナマ文書