24-Complete-Series-001.jpg

さて7月、沖縄は例年に無く暑いです。
夜中の2時で32度って、まずいよねえ。
夜間熱中症になってしまう。
気をつけなければ・・・。

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

シールズ琉球の玉城愛さんが 「元米兵による殺人事件、
本土に住む日本国民は第二の加害者」と言ったそうだが、
これは理屈としておかしいね。感情的すぎる。


この表現だと、本土に住む赤ちゃんから
おじいさん・おばあさんまでが、
すべて殺人の加害者になってしまう。
そんな事はありえない。

関係のない人間を加害者にしてはいけない。
冷静に常識的に思考しなければならない。

---------------------------------------------------------------

この発言、敵は増やすが味方は増えないよね。
思考力の低い発言だ。シールズ琉球ってバカなの?
本当に逆効果な発言。


あ、玉城愛さんって、名護市の名桜(めいおう)大学ですか。
冥王星人ですね。納得!!
偏差値は・・・。

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

それでね、沖縄で米兵による殺人事件が起きなくなる方法を
僕は真剣に考えてみました。

それはね、沖縄県民に銃の所持・携帯を許可する事。

要するに目には目を。暴力には暴力を。
キレイ事は言っていられない。


---------------------------------------------------------------

沖縄県民がね、銃で武装することで、黒人米兵によるレイプや
殺人事件の抑止力になると思うんですよ。

黒人はね、知能が低い割には、無駄にデカイし体力あるから
日本人なんて、一発でノサれちゃう。
でも沖縄県民が銃で武装しているとわかれば、かなり黒人による
レイプ・暴力の抑止力になると思うよ。

---------------------------------------------------------------

要するにさ、今まで黒人に襲われたら、沖縄県民が死んでいたんだけど
沖縄県民が銃を所持・携帯する事で、五分五分になるんです。
いいアイデアでしょう。


殺傷力は高くなくていいから、9mmセミオート銃がいいかな。
簡単に扱えて、効果の高い銃がいいよね。
撃ち方はジャック・バウアーに教えてもらおう。

それに今の時代、3Dプリンターによりプラスチック製の拳銃を
作ることが可能だから、自作するのもあり。

---------------------------------------------------------------

まあ、右の頬を打たれたら左の頬を出せなんて言う
頭のおかしい人の話は、黒人には通用しないわけです。


結局、暴力には暴力が一番の抑止力になるという話でした。
暴力への対応としては、現実的でしょう?

---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

参院選2016・投票に行こう。

イギリス・EU離脱&日本・第24回参院選

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)