David-Bowie.jpg

デビッド・ボウイが急死してから10ヶ月がたつ。

デビッド・ボウイ所蔵のアート約300点が
オークションに出品されるようだが、
デビッド・ボウイそのものが、最大のアートだろう。

---------------------------------------------------------------

僕はデビッド・ボウイを中学の時に知り、聴いていたが
その音楽性の変化の激しさについていけなかった記憶がある。


大体、名声を得たミュージシャンは、その時点までに確立した
スタイルを守ろうとするのだが、デビッド・ボウイの場合は
スタイルをどんどん変化させていった。

ようやく理解できたと思った瞬間、彼は違う世界に飛んでいた。
その意味ではとらえどころが難しく、苦手なミュージシャンだったが
おとなになって聴き直すと、それは天才ゆえの作法だったと気づく。

様々なジャンルにわたる大胆な音楽性の変化を恐れずに繰り返し、
自分の道を自ら作り進んでいったデビッド・ボウイは、真の天才だったのだ。
合掌。


---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

さて、9月で開発の請負仕事が一区切りした。
かなり神経を使う仕事だったので、次の開発を請け負うまで
数カ月休むことにした。

個人的には、仕事ばかりしていると、人生が無意味になる。
仕事ばかりしていると、人生の味わい深い深みが無くなるのだ。
人生は楽しみ、社会に奉仕するためにあるのだと思っている。


その内容は個人個人違うだろうが、とにかく仕事バカは
人生を失う事は確かだ。

仕事が生きがいになってしまうと、失うものが多すぎる。
何事も適当がいい。


僕は、休養を利用して、ボランティアや勉強や遊びを
楽しむだろう。それが僕の人生だ。


---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------

David Bowie Starman (1972) official video


David Bowie - Blackstar


---------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

RED NECK RAMPAGE

土人と呼ばれて・・・。

comment iconコメント ( 3 )

デビッド・ボウイ所蔵のアート、とても興味があります。
ぜひ見てみたいです。

名前: kokubu [Edit] 2016-11-05 17:56

デビッド・ボウイは時代時代で、めまぐるしく変化するタイプの
ミュージシャンでしたね。捉えどころがないと言えばその通り。
そもそもミュージシャンではあるけれど、一言で彼を表すとすれば
「アーティスト、芸術家」が適切でしょう。
常に変化を恐れぬチャレンジャー。

ラストアルバムとなったブラックスターも、チャレンジ精神にあふれた
作品ですね。
まさにボウイは天才です。

名前: 富士さん [Edit] 2016-11-05 22:03

ボウイは昔からリアムタイムで聴いていました。
それだけに突然の死はショックでした。

ボウイを聴いていると、次は何をしでかすだろうと
常にワクワクしたし、先鋭的でありながらも
ポピュラーな存在であり続けたのもすごいと思います。

本当に貴重なアーチストを失ってしまいました。

名前: SuperMoon [Edit] 2016-11-06 00:48

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)