hana003.jpg

21世紀に入ってそれなりの年月が立つのに、未だに70年代の音楽を中心にレビューしています。懐古趣味だと言われそうですが、70年代の音楽を越すアーチストが現れないのですよ。いや、正確には音楽も進化しており、その進化の流れについていけないだけなのかもしれないけど・・・。 そんな中、素晴らしいBANDを見つけた。それがまた70年代のBANDなのです。

その名はRENAISSANCE(ルネッサンス)。「ロックとクラシックの融合」に成功した素晴らしいBAND。特にヴォーカルのアニー・ハズラムのクリスタル・ボイスは天下一品です。

英国の大御所クラシカルプログレバンド、第2期RENAISSANCE(ルネッサンス)のアルバム「Prologue(プロローグ)」、「Ashes are burning(燃ゆる灰)」「Turn of the cards(運命のカード)」「Scheherazade & other stories(シェラザード夜話)」「Live at Carnegie hall(ライヴ・アット・カーネギー・ホール)」「Novella(お伽噺)」、「A song for all season(四季)」は、すべて素晴らしく必聴級の傑作名盤。

管理人にとって70年代ロックの神がLED ZEPPELINだとしたら女神は間違いなくアニー・ハズラム参加時の第2期RENAISSANCEでしょう。LED ZEPPELINのアルバムに外れなしといわれるように、この時期のRENAISSANCEのアルバムも外れなし。そしてRENAISSANCEはLED ZEPPELINとは違った方法論で違う頂点に達したBANDだと思います。

DEEP PURPLE辺りもそうですが、古くから「ロックとクラシックの融合」という試みが、盛んに行われてきました。(なんとハードロックBANDのイメージが強いDEEP PURPLRはロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラと競演したりしていた。)しかしその試みが真に成功した例というのはそう多くはありません。数あるBANDの中での、数少ない成功例のひとつが RENAISSANCE(ルネッサンス)でしょう。

RENAISSANCEの成功の秘訣はその音楽性にあると思います。英国的トラッドフォークを基盤にオーケストラ・サウンドが加わる。アコースティック・ギター、ピアノ、そしてオーケストラの違和感なき融合が、このバンドの最大の美点。さらにRENAISSANCEの非凡さはそれだけではなく、あくまでもトラッドフォークを基本とし、オーケストラをコントロールした点でしょう。そして何といっても「歌姫」アニー・ハズラムの存在です。彼女の女神のような美しいクリスタル・ボイスは、RENAISANNCEの音楽性を構築する上で必要不可欠な存在だったといえるでしょう。

作品はそれぞれ個性的で、どれが最高かを問うことに意味は無いです。なぜならシンフォニックな一大組曲ならば「シェラザード夜話」を、最もクラシカルな作品ならば「プロローグ」、英国的なしっとりしとた叙情美ならば「燃ゆる灰」と、それぞれ見事に色合いが違う作品だからです。

管理人が70年代、リアルタイムにRENAISSANCE(ルネッサンス)に巡り合えずに大人になってから出会った理由としては、このBANDの正式メンバーとしてエレキ・ギター奏者がいなかったからだと思います。ギター少年の鼻はまったく効かなかったのです。そして少年時代にはクラシック音楽を必要としていなかった事も少なからず影響しているのでしょう。とにかく生涯でRENAISSANCEに巡り会えたのは幸運でした。


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

本日届いたCD一覧

NOVELLA / RENAISSANCE

comment iconコメント ( 2 )

No title

こんにちは。たびたびご来訪いたたきありがとうございます。

私もロック系音楽に関しては、’70年代が質、量とも最高だろうなと思います。

ルネッサンス・・・名前は聞いたことはあるものの、ほとんどノー・マークでした^^;

今度、機会があったら聴いてみたいと思います。

名前: 実験鼠 [Edit] 2011-12-23 11:25

No title

実験鼠さん、コメントありがとうございます。僕も50才過ぎるまで、RENAISSANCEは見逃していました。あんなに70年代ブリティシュ・ロック聞いていたのに・・・。
とてもクオリティの高いBANDだと思うので、機会があれば、ぜひ聴いてみてください。

名前: H [Edit] 2011-12-23 13:32

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)