今日はフレンチ・ポップスで・・・

mp-1.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

子供の頃、最初に買ったLPが「 Polnareff Best」だったと思う。周りがThe Beatles一色の中、管理人はフレンチ・ポプップスを聴いていた。フランス語の響きが官能的で、音感的にもとても美く感じていた。

コンプレックスを隠すかのような大きな白ふちのサングラスがトレードマーク。これほど美しい曲を書ける人は、そうそういないだろう。

mp-2.jpg

曲目
1. シェリーに口づけ
2. 愛の願い
3. 愛の休日
4. バラ色の心
5. 君との愛がすべて
6. ノン・ノン人形
7. ステキなランデブー
8. 天国への道
9. ラース家の舞踏会
10. 10 悲しきマリー
11. ロミオとジュリエットのように
12. ギリシャにいるジョルジナへ
13. リンガディン
14. 愛のコレクション
15. 渚の想い出
16. 想い出のシンフォニー
17. 哀しみの終わるとき
18. 愛の物語
19. 僕はアイスクリームの中から生まれた
20. つけぼくろ
21. 今夜の列車
22. 哀しみのエトランゼ
23. 忘れじのグローリア


Michel Polnareff - 愛の休日


Michel Polnareff - 哀しみの終わるとき


Michel Polnareff - 愛のコレクション


Michel Polnareff - 悲しきマリー


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・10
メロディアス度・・10



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

降りていく生き方「べてるの家」が歩む、もうひとつの道 / 横川 和夫(著)

愛猫チロ

comment iconコメント ( 4 )

懐かしい・・・

いや~大変懐かしいですね。
「哀しみの終わるとき」の主演は、カトリーヌ・ドヌーブとマルチェロ・マストロヤンニですね。この映画は1971年、マルチェロは、2年前の1969年の「ひまわり」の名演技が好きでした。
それにしても、私もミシェル・ポルナレフのベストが欲しくなりました。ご紹介ありがとうございました。

名前: hal [Edit] 2012-01-02 13:37

こんにちは。

halさん、こんにちは。「哀しみの終わるとき」よくご存知で。恐れ入ります。ミシェル・ポルナレフ、とてもメロディが美しく、お勧めですよ。ぜひ聴いてみてください。

名前: H(エイチ) [Edit] 2012-01-02 16:19

当時、叔母が持ってました。

当時、GS好きの(特にザ・タイガース)、叔母がミッシェル・ポルナレフ持ってたの覚えてます。
なんしか、強烈な見た目な方なので。

今思えば、タイガース、かなりミッシェル・ポルナレフに影響されてますよね。僕のマリーって曲もあるし。

今年もよろしくお願いいたします。

名前: CHEEKYマミー [Edit] 2012-01-03 09:33

こんにちは。

CHEEKYマミー さん、コメントありがとうございます。子供の頃見たミシェル・ポルナレフは、ある意味、強烈でした。(今見てもインパクト大ですが)

フランスで活動中は、どこかしっとりしたサウンドで大好きだったのですが、アメリカに進出してからは、カラッとしたLAサウンドになってしまい、がっかりした記憶があります。

今年もよろしくお願いいたします。

名前: H(エイチ) [Edit] 2012-01-03 10:16

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)