van.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る

70年代後半ハードロックが衰退していく中、1978年に革命的ギター奏法を武器に、「VAN HALEN」(ヴァン・ヘイレン)が登場した。そのデビューは強烈だった。

「VAN HALEN」(炎の導火線)と題された1stアルバムでデビューしたギターの革命児こと、エドワード・ヴァン・ヘイレンのライト・ハンド奏法(タッピング)と呼ばれる、左手トリルと右手によるハマリング・オン、プリング・オフを繰り返すという技は、当時のギター・テクニックとしては革命的なものであった。

エドワード・ヴァン・ヘイレンのその技は、何万人のギター少年の睡眠時間を減らした事だろうか。また久しぶりに現れた大物の香りのするBANDに、どれだけのアマチュアBANDが驚喜した事か。

彼ら最大の武器は、エドワード・ヴァン・ヘイレン(愛称エディ)のライト・ハンド奏法であるが、ヴォーカリスト、デイヴィッド・リー・ロス(愛称デイヴ)のシャウトを多様する独特の歌唱法、ベーシストのマイケル・アンソニー(愛称マイキー)のバックに徹したベースとコーラス、アレックス・ヴァン・ヘイレン(愛称アル)のシンバルを多用した地味ながらも攻撃的なドラムが合わさり刺激し合ったことで、名盤といわれるほどの非常にクォリティの高いアルバムになったと思う。


曲目

1. Runnin' With The Devil
2. Eruption
3. You Really Got Me
4. Ain't Talkin' 'Bout Love
5. I'm The One
6. Jamie's Cryin'
7. Atomic Punk
8. Feel Your Love Tonight
9. Little Dreamer
10. Ice Cream Man
11. On Fire

聴き手は1曲目の「Runnin' With The Devil」でいきなりノックアウトされる。闇を切り裂くギターの音、リズムを刻むベース、ドラム。そしてシャウトするヴォーカル。シンプルなリフの曲だが、かっこいい。デイヴのシャウトが冴える。

2曲目「 Eruption」。伝説のソロ。このハイテンションさは神業プレイ。この曲でライトハンド奏法を堪能できる。

3曲目「You Really Got Me」Kinksのカヴァーであるがデイヴの独壇場だ。リズム隊も素晴らしい。間奏部のギターソロでタッピング有り。チョーキングの種類もいろいろと聴かせてくれる。

4曲目「Ain't Talkin' 'Bout Love」 哀愁をおびたギターのイントロフレーズがかっこいい。リフもシンプル。このシンプルさで何故このノリが出せるのだろうか。 間奏部の終わりから、デイヴの歌声で盛り上がりを見せる部分は興奮する。

5曲目「I'm The One 」イントロのリフが絶妙。すべては演奏者のリズム感にかかっている様な曲。 エドワードのソロも絶好調だ。デイヴも気持ちよさそうに歌っている。

6曲目 「Jamie's Cryin'」 ミドルテンポの曲。リフはシンプル。

7曲目「Atomic Punk」 ギターのブラッシング/カッティングから始まる疾走曲。リズムに合わせデイヴも疾走する。ギターソロが終わるとデイヴの咆哮と共に再び疾走し、エンディング。

8曲目「Feel Your Love Tonight」 アメリカン・ロックの香りがするミドルテンポの曲。

9曲目「Little Dreamer」 哀愁をおびたギターリフで始まるこの曲は重厚で印象的なマイケルのコーラスが多用される。 デイヴのシャウトで始まるギター・ソロが終わると、再びデイヴの歌声とコーラスが絡み合ってエンディングをむかえる。

10曲目「Ice Cream Man 」 デイヴが好きそうな明るいツイスト曲。デイヴのエンターティメント性が爆発だ。

11曲目「On Fire」 結構激しい疾走曲。 デイヴが叫ぶ。デイヴの独特の歌唱法全開だ。エドワードのギターもさりげなく、いろいろな表現をしている。

VAN HALEN(炎の導火線)は非常にクォリティの高いアルバムだ。音もライブ感重視の1発取りに近い音像。全てのギタリストが一度は目指すギターの音色、ワイルドで独特なデイブのヴォーカル、何もかもが素晴らしい。まさにアメリカンロックの王道。30年以上経った今でも色褪せる事のない、歴史が残した歴史的な名盤。


Van Halen - Ain't Talkin' 'Bout Love



Eddie Van Halen - Eruption




50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0
メロディアス度・・8.5


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ピアノ協奏曲全集 / MOZART

拡大レンズを買ってみました。

comment iconコメント ( -2 )

Hさんへ^^

VAN HALENと言えばギターの音が
かっこいいイメージです。
私にはマイケル・ジャクソンとの
コラボが印象的ですねー。
「ビート・イット」最高ですぅ♪
売れた曲に「ジャンプ」がありましたね。
神業のようなテクニックに感嘆します。
久しぶりに聴いて良かったです^o^/

名前: nonpy [Edit] 2012-01-08 10:38

こんにちは。

nonpyさん、こんにちは。VAN HALEN気に入ってもらえてよかったです。VAN HALENは、僕が高校生ぐらいの時に現れたBANDですが、その登場、当時ギター少年だった僕には、衝撃的でした。めちゃくちゃかっこよかったです。デビューアルバムは今でも愛聴盤です。

名前: H(エイチ) [Edit] 2012-01-08 11:42

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。