mzpc.jpg

Amazon.co.jpには無し。
Hmv.co.jpに有り。

HMVジャパン クラシック検索
(hmv.co,jpへ行き、お買い得レーベル→BERLIN CLASSICSと進んで下さい。)


モーツァルトは多くのピアノ協奏曲を残していますが、さすがメロディメーカーだけあって、若い頃から素敵な楽曲を書いています。20番以降の作品は図書館に置いてあって聴くことができるのですがモーツァルト若い頃の楽曲を聴くとなれば全集版しかありませんでした。

アンネローゼ・シュミット(ピアノ)/クルト・マズア指揮&ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団(10CD)1970~77年ステレオ録音。

シュミットのピアノは硬質で、1音1音の輪郭がしっかりしており、なおかつ叙情性を備えている。オーケストラは全体に、やや速めのテンポ。モーツァルトのピアノ協奏曲は若い番号からモーツァルトらしい悦楽感があふれて楽しく聴けるが、やはり20番以降が聴き所か。楽曲の構成が一段としっかりしてくるし、短調の協奏曲にもチャレンジしている。この2つある短調の協奏曲が全体に深みを加えている。

「収録曲」
・ピアノ協奏曲第5番ニ長調 K.175
・ピアノ協奏曲第6番変ロ長調 K.238
・ピアノ協奏曲第8番ハ長調 K.246
・ピアノ協奏曲第9番変ホ長調 K.271『ジュノーム』
・ピアノ協奏曲第11番ヘ長調 K.413(387a)
・ピアノ協奏曲第12番イ長調 K.414(385p)
・ピアノ協奏曲第13番ハ長調 K.415(387b)
・ピアノ協奏曲第14番変ホ長調 K.449
・ピアノ協奏曲第15番変ロ長調 K.450
・ピアノ協奏曲第16番ニ長調 K.451
・ピアノ協奏曲第17番ト長調 K.453
・ピアノ協奏曲第18番変ロ長調 K.456
・ピアノ協奏曲第19番ヘ長調 K.459
・ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466
・ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467
・ピアノ協奏曲第22番変ホ長調 K.482
・ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.88
・ピアノ協奏曲第24番ハ短調 K.491
・ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.503
・ピアノ協奏曲第26番ニ長調 K.537『戴冠式』
・ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595
・ロンド ニ長調 K.382
・ロンド イ長調 K.386

mzpc2.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る

男性のピアニストが好みの方はこちらを薦めます。マレイ・ペライア&イギリス室内管弦楽団

こちらはピアノ協奏曲第1番から27番まで演奏されています。 ピアノの音が非常に近く聴こえるので、まるでマレイ・ペライアがすぐそこでピアノを弾いているかのようです。とても美音です。現代の名盤だと思います。最初に買うなら、これがBESTかもしれません。


Mozart Piano Concerto23, K. 488 (Zoltan Kocsis) movement 1


Mozart Piano Concerto23, K. 488 (Zoltan Kocsis) movement 2


Mozart Piano Concerto23, K. 488 (Zoltan Kocsis) movement 3



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



スポンサーサイト

猫と遊ぶ・その2

VAN HALEN(炎の導火線) / VAN HALEN

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)